子供の一人暮らし 地震対策

子供の一人暮らし 地震対策

Posted at 12th OCT 2020

過去の震災で「窒息・圧死」が多くの死亡理由として挙げられております。阪神淡路大震災など早朝に起こったものは、自宅で就寝していたため家具などの転倒が原因として考えられています。家具などの固定は震災対策として必須と考えられます。その他にも窓ガラスの飛散防止や戸棚から物が飛んでこないような対策も必要です

地震対策 目次

1. 転倒対策 つっかえ棒

2. 転倒対策 耐震マット

3. ガラス飛散防止

4. 扉開き防止

1. 転倒対策 つっかえ棒

背の高い家具家電

本棚・キャビネット・冷蔵庫など

背の高い家具家電が最も危険です。重量があり転倒するときに非常に大きな力が加わります。下敷きになると自分一人の力では抜け出せなくなります。必ず転倒防止のつっかえ棒を設置しましょう。その際、家具の頭から天井までの高さをしっかりと図り、適切なサイズのつっかえ棒を購入することに心がけましょう。また、正しく設置しなければ効果が出ない場合もあります。親がその場にいるのであれば自身で確認をし、いなければ子供に設置したところの写真を送ってもらいましょう。

最近の若者の生活では、物をあまりおかないライフスタイルになってきているので大きな家具自体はじめからおかないという選択肢もあります。

 2. 転倒対策 耐震マット

家具が低く天井との差が大きい場合はツッパリ棒は設置できません。その時は耐震マットを使うことになります。最近の耐震マットは非常に粘着力があり、ツッパリ棒と比べても遜色ありません。冷蔵庫やテレビ台などに設置しましょう。

 3. 避難場所・避難経路を複数用意しておく

忘れがちなのが窓ガラスの飛散防止対策です。地震で窓枠が歪みガラスが割れる可能性があります。それが体にあたり大きなけがになります。そこで使うのが「ガラス飛散防止フィルム」です。これによりガラスが強固に保護され割れにくくなります。厚ければ厚いほど効果が高いです。

 4. 扉開き防止

キャビネットなどの扉が突然開きモノが勢いよく飛び出す可能性があります。その飛来物が当たり大けがをすることがあります。揺れたときだけ扉をロックしてくれる「扉開きストッパー」も売られています(通常は簡単に扉を開けられる)。一人暮らしであればあまりキャビネットはないですが、キャビネットを置いているようであれば必ず対策をしてください。


地震対策は必須

防災対策の中でも最も大事なのがこの地震対策です。

最も起こる頻度の高い地震。そして被害にあいやすいものです。優先順位を高く準備を進めましょう。


Expert Thoughts

防災キットのanytime carry。 私たちのミッションは、一人暮らしの方に適切な防災備蓄のサポートをさせていただくこと。私たちは現代のライフスタイルに合った防災スタイルをデザインし提案していきます

Read next

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。